読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祈りとフィードバックのブログ

祈り募集中です。一人でも多くの人が、祈りのたいせつさを思い出し、祈りの習慣をもちますように☆ミ

やさしさをあきらめない

目の不自由な方がいました。

ずっと同じところを歩いていました。

声をかけた人が、2人いました。

「お困りではないですか?」

「何かお手伝いできることはありますか?」

 

目の不自由な方は、2回とも断っていました。

「困ったことがあったら、こちらから声をかける。ほっといてくれ!」

 

そんな言い方はないだろうとも思いましたが、それ以上に、手を差し伸べる人がいる、ということにうれしくなりました。

 

やさしさは、ときにはお節介になるかもしれません。

甘やかすことになるのかもしれません。

やさしさ自体が弱者を生んでいるのかもしれません。

それでも、やっぱりやさしさは必要なのではないかと思います。

 

迷惑かもしれないけど、やさしさを表現しよう。

この記事自体も、お節介なのかもしれません。